TOP > 治療紹介 > 皮ふのトラブル

皮ふのトラブル

  • 皮ふのトラブル
    たとえば、以下の症状があれば皮膚疾患の可能性があります。
    • 1)体をかゆがる
    • 2)体を噛む、なめる
    • 3)脱毛している
    • 4)くさいにおいがする
    • 5)乾燥、フケ、ベタつきがある
    • 6)赤いブツブツがある
皮ふの診察には
問診 飼育環境や食べ物、発症歴や時期などの情報が診断の助けになることも多いのです。
身体検査 発症部位や皮膚の様子をよく観察します。
毛や皮膚表層の検査
  • 毛検査
  • 押捺塗抹検査(スタンプ)
  • テープ検査
  • 皮膚掻爬検査
  • 細胞診
  • などで、外部寄生虫、カビ、細菌の検出や病変部の細胞や炎症の状態などを調べます。
その他の検査
  • 血液検査
  • 内分泌検査(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン)
  • アレルギー検査
  • アレルギー除去食試験
  • 皮膚生検
  • などが必要なこともあります。

 

皮ふの治療法
内服薬を服用する治療が基本となります。他に外用薬やサプリメントや食事療法、シャンプー療法(薬用シャンプー・自宅でのシャンプー)があります。
犬のシャンプーにようす
  • ご家庭でシャンプーする時のポイント
    1. 1.からだをぬらす-お湯の温度は30℃以下(温度が高いと、乾燥やかゆみの原因になります)
    2. 2.基本2度洗い(1回目…汚れを落とす・2回目…薬をからだにしみこませる)
    3. 3.本洗い-シャンプーをなじませてから10分間放置(症状が出ているところから洗いはじめて、からだ全体を洗うと5分以上はかかる)
    4. 4.すすぎ-時間をかけて十分にすすぐ
    5. 5.タオルドライ-基本はタオルドライで乾燥。ドライヤーの熱風は熱すぎると皮膚に刺激を与え、かゆみや赤みが生じてしまうこともあります。ドライヤーを使用する時は冷風~ぬるめの温度でかわかす)
    6. 6.シャンプーの目安時間は動物の大きさ、毛の長さによっても異なりますが、40~60分ほどはかかります。
  • 当院では皮膚の治療として薬浴シャンプーを行っています。
    • 皮膚の状態にあったシャンプーを2~3種類選んで使用します 。
    • 保湿剤を使用しますので、乾燥肌のコでも安心です。
  • 自宅でうまくシャンプーできない、たくさんの薬をのんでいるが少しでも減らしたい、薬をのみたくないと悩んでいる方、ご相談ください。要予約です。
  • 皮膚病対象です

みさき動物病院

診療時間

 
午前
午後 --

午前 10:00 〜 13:00
午後 16:00 〜 21:00
休診 日曜・祝日・木曜午後

時間外連絡先
TEL0766-24-1232

*ただし、すぐに診察に応じられない場合があります。

  • ●往診は要相談
  • ●午後の診察の受付は20:30まででお願い致します。

スマートフォンサイトへ